【100万人が登録中!】 無料で手軽にお金が貯まる魔法のお財布
【人気ストラテジストが極意を初公開!】ネット株必勝テクニック

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリー ウィンストン(HARRY WINSTON) でセレブ気分♪@ハリー ウィンストン情報館 ダイヤモンドの品質の評価について

ハリーウィンストンに関連する情報を調べて、当サイトでは紹介させていただいています。この記事では、ハリーウィンストンとダイヤモンドなど宝石の品質の評価について関連情報をご紹介します。

ダイヤモンドは、ハリーウィンストンのものが最高品質であることで有名です。このダイヤモンドの品質の評価は、4Cという基準に基づいて行われます。4Cとは、「カラット、カラー、クラリティー、カット」の頭文字の4つのCを基準にして鑑定が行われるのだそうです。

同じく、宝石の鑑別は、宝石、 鉱物の種類を特定する作業になります。鑑別とは、ダイヤモンドなどの宝石の特性を、各種の器具を使用して検査を行い、その宝石が、天然の宝石か、合成の宝石か(模造品か)、調べることをいいます。


宝石の証明書には、鑑定書と鑑別書の2種類があるということなのです。また、現在、鑑別書自体の発行はダイヤモンドでしか行われていないそうです。


天然のダイヤは、1つ1つ「色、カットの違い、傷」などの特徴をもっていて、それぞれがすべて異なった特徴をもっているのだそうです。よって、天然のダイヤモンドは、一つとして全く同じダイヤは他に存在しないということになります。

まるで、人間が一人として全く同じ人間が他にいない様なものです。

よって、鑑定書のことを別名「ダイヤモンドの履歴書」とも言うのだそうです。また、鑑別書は、別名「宝石の身分証明書」とも言うそうです。

ちなみに、現在、日本で一番信用度が高く有名なのが中央宝石研究所だといわれています。また、世界で最も信頼されている宝石の鑑定機関として、イギリス宝石学協会(イギリスのF.G.A.)と、アメリカ宝石学研究所(アメリカのG.I.A.)なのだそうです。

以上、ハリーウィンストンについての関連情報として、ハリーウィンストンとダイヤモンドなど宝石の品質の評価について調べて記事を書かせていただきました。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。