【100万人が登録中!】 無料で手軽にお金が貯まる魔法のお財布
【人気ストラテジストが極意を初公開!】ネット株必勝テクニック

ハリー ウインストンについて>その他

結婚指輪の起源について

結婚時に、結婚相手にマリッジリング結婚指輪)を贈る習慣が日本で一般的になったのは昭和40年代の頃だそうです。生活の欧米化に伴い、マリッジリング結婚指輪)を贈る習慣が定着しました。この習慣は元々ヨーロッパが起源です。

婚約指輪はローマ時代からあり、初め鉄製の指輪であったのが2世紀ごろから金製になったのだそうです。

5世紀頃から結婚指輪をする習慣がはじまり、11世紀頃からは教会での結婚の儀式に組入れられました。マリッジリング結婚指輪)は、キリスト教では「愛の証」とされています。

婚約指輪はダイヤモンドか誕生石のものを相手に贈り、結婚指輪は純金製の甲丸型のものを相手に贈ります。

結婚指輪は、日本では左手の薬指にはめるのが一般的ですが、国や宗教によっては右手の薬指にはめる習慣のところもあるようです。また、最近の若いカップルは紐を通して首から下げることもあるようです。

結婚指輪は左手の薬指につける理由は、左手の薬指が心臓に直結しているといわれていたからだそうです。また、左の薬指から流れている血管は、”愛の血管”と呼ぶこともあるそうです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。