【100万人が登録中!】 無料で手軽にお金が貯まる魔法のお財布
【人気ストラテジストが極意を初公開!】ネット株必勝テクニック

ハリー ウインストンについて>その他

ハリーウィンストンとホープダイヤモンド

ハリーウィンストンが、呪われたダイヤ「ホープダイヤモンド」を手に入れたことがあるというのをご存知でしょうか?

「ホープダイヤモンド」は、フランス王ルイ14世、マリー・アントワネット、資産家ヘンリー・フィリップ・ホープ、新聞王エヴァリン・ウォルシュ・マクリーンなどの所有者に次々に不幸な死や災いをもたらしたという、呪われたダイヤです。

現在は、スミソニアン博物館に寄贈されており、ハリー・ウィンストン社の所有ではありませんが、1949年に当時の持ち主のマクリーン家の相続人から、ハリーウィンストンが買い取ったそうです。

ハリーウィンストンは「宝石の宮廷」と名付けたアメリカ国内での巡回展や、各種チャリティーパーティーでホープダイヤを展示したが、売却はしなかったそうです。

1958年にハリーウィンストンはスミソニアン協会にダイヤを郵送して寄贈しました。

さて、ダイヤの呪いについてですが、ハリーウィンストンは、「ホープダイヤモンド」の呪いをまったく信じず、ジョークのネタにしていたそうです。

ハリーウィンストン自身は、「ホープダイヤモンド」を1949年に手に入れてから、1958年に寄贈はしていますが、1978年に病没するまで82年も生きていたのですが、ハリー・ウィンストンが呪われなかったのは、一度も彼がホープダイヤを身につけなかったからと言われています。


この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。