【100万人が登録中!】 無料で手軽にお金が貯まる魔法のお財布
【人気ストラテジストが極意を初公開!】ネット株必勝テクニック

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリーウィンストンダイヤなど宝石の名前について

このサイトではハリーウィンストンに関する情報を記事にさせていただいてます。今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の名前について記事を書いています。お役にたてると嬉しいです。

宝石の名前は、鉱物学的には内部組織と化学組成が同じものなら、同一の鉱物種として扱うのだそうです。例えば、酸化アルミニウムを主成分とする鉱物は、その石が何色であってもコランダムという鉱物名で呼ばれます。鉱物名はコランダムでも、宝石として扱う場合には、宝石の名前で赤い色の石をルビー、その他の石はサファイアと呼ぶのだそうです。

また、ベリルという鉱物でも同様に、緑色のものを宝石名ではエメラルド、青いものは宝石名ではアクアマリンと呼ぶのだそうです。
宝石の名前の由来でラテン語やギリシャ語にからきたものは、古来から今日知られている宝石の名前がが多いと言われています。

ルビーは赤を意味する「ルベウス(rubeus)」から、同じコランダムのサファイアは青を意味する「サフィルス(sapphirus)」から、またブラッドストーンなどはその名の通り、緑色の地色の中に赤色斑が点在することからきているのだそうです。

今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の名前について調べましたのでご紹介しました。お役にたてると嬉しいです。


この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。