【100万人が登録中!】 無料で手軽にお金が貯まる魔法のお財布
【人気ストラテジストが極意を初公開!】ネット株必勝テクニック

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリー ウインストンと宝石の王様ダイヤモンド

ハリーウィンストンに関する情報をこのサイトでは記事にさせていただいてます。今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の名前について記事を書いています。お役にたてると嬉しいです。

ハリーウィンストンが扱うことで有名なダイヤモンドの名前の由来は、征服されざるもの、不屈を意味するギリシャ語のadamas(アダマス)からきているんだそうです。
ファンタジー作品などによく登場する架空の超硬鉱物で「アダマンタイト」「アダマント」も同じ語源だそうです。

ダイヤモンドは日本名では金剛石と呼ばれていて、金剛不壊(こんごうふえ)の石という意味からきています。「金剛不壊」の意味は「金(金属)のように硬く、壊れにくい」という意味で、仏経典にある言葉だそうです。

ダイヤモンドは宝石の中では、最も硬い宝石として一般に知名度が高いですが、劈開性(へきかいせい)という特性を持っていて、一定方向からの衝撃に弱いのだそうで、意外ともろいものなんですって。ダイヤモンドはモース硬度10で、1つ下のランクのモース硬度9であるサファイアやルビー(コランダム)などとは比べ物にならないほど硬いのに意外に壊れやすいものなんですね。ダイヤモンドは等軸晶系の結晶を形成していて、比重は3.51、成分のほぼ全てが炭素からなる元素鉱物なのだそうです、。

ダイヤモンドは、他の宝石と異っていて、4Cという基準でそのダイヤモンドの品質が厳しく分けられています。4Cとは、色(Color カラー) ・透明度(Clarity クラリティ) ・重さ(Carat カラット) ・カット(Cut カット) の4つです。

ダイヤモンドは無色透明の宝石だと思われる方が多いと思いますが、様々な色のものがあるんだそうですよ♪ピンクダイヤモンドというのは私も聞いたことがあったのですが、そのほかにも、カラーダイヤ言われ、ブルーダイヤモンド、レッドダイヤモンド、グリーンダイヤモンド、パープルダイヤモンド、ブラウンダイヤモンド、イエローダイヤモンド、など様々な色あいがあるんだそうですよ♪


この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。