【100万人が登録中!】 無料で手軽にお金が貯まる魔法のお財布
【人気ストラテジストが極意を初公開!】ネット株必勝テクニック

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリー ウィンストン(HARRY WINSTON) でセレブ気分♪@ハリー ウィンストン情報館 宝石の研磨

ハリーウィンストンに関連する情報を調べて、当サイトでは紹介させていただいています。この記事では、ダイヤモンドをはじめとする宝石の研磨についてハリーウィンストンの関連情報をご紹介します。

ハリーウィンストンのダイヤモンドをはじめとして、宝石は、研磨という過程を経ないと美しい輝きを放つことは出来ません。

宝石の研磨=専門の職人さんが行う仕事というイメージがあると思います。日本ではそんなイメージでも、アメリカでは、割と一般にも浸透している趣味の一つなのだそうです。ごく普通の人が宝石の研磨を趣味でやっているんだそうです。サークルや大会などあるそうですよ♪

またアメリカでは、プロとして研磨士で活躍している人は、職人さんというよりも宝石研磨作家という感じでよりクリエイティブな仕事をしているようです。

日本では、昔は宝石の研磨が盛んだったそうです。有名だったのは甲府市など。しかし現在では、当時のように盛況ではないそうで、研磨の町として有名な場所も減ってきているそうです。

昔のような盛況さがなくなった原因としては、一つは人件費の問題で、人件費の安い他の国々で宝石が研磨されるようになっているからだそうです。同様に研磨職人を養成する研磨学校も現在ではほとんどなくなってしまって、研磨のことを教えているのは、デザインや彫金などを教わる際に、ついでに教わる程度なのだそうです。

ですが、アメリカをはじめとする宝石の研磨が一般に浸透している欧米諸国では宝石研磨という職業が存在しているので、当然養成学校のようなものも数多く存在するようです。

ハリーウィンストンのダイヤモンドをはじめ、宝石の原石というものは、普通の人が見て、一目では、岩石と見分けがつきにくいものです。宝石というものは、原石のときは見た目は何の価値も無いように見えますが、研磨することによって、その宝石が本来持っている素晴らしい輝きと色を出すことにより、宝石としての真価を与えることができます。そして、様々なカットを施すことで、その宝石の価値を数倍にも高めることが出来ます。

このように、ほとんどの宝石は研磨という過程を経て、その美しさを十分に発揮できるようなるものなのです。

以上、ハリーウィンストンについての関連情報として、ハリーウィンストンのダイヤモンドをはじめとする宝石の研磨について調べて記事を書かせていただきました。


ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリー ウィンストン(HARRY WINSTON) でセレブ気分♪@ハリー ウィンストン情報館 ダイヤモンドの品質の評価について

ハリーウィンストンに関連する情報を調べて、当サイトでは紹介させていただいています。この記事では、ハリーウィンストンとダイヤモンドなど宝石の品質の評価について関連情報をご紹介します。

ダイヤモンドは、ハリーウィンストンのものが最高品質であることで有名です。このダイヤモンドの品質の評価は、4Cという基準に基づいて行われます。4Cとは、「カラット、カラー、クラリティー、カット」の頭文字の4つのCを基準にして鑑定が行われるのだそうです。

同じく、宝石の鑑別は、宝石、 鉱物の種類を特定する作業になります。鑑別とは、ダイヤモンドなどの宝石の特性を、各種の器具を使用して検査を行い、その宝石が、天然の宝石か、合成の宝石か(模造品か)、調べることをいいます。


宝石の証明書には、鑑定書と鑑別書の2種類があるということなのです。また、現在、鑑別書自体の発行はダイヤモンドでしか行われていないそうです。


天然のダイヤは、1つ1つ「色、カットの違い、傷」などの特徴をもっていて、それぞれがすべて異なった特徴をもっているのだそうです。よって、天然のダイヤモンドは、一つとして全く同じダイヤは他に存在しないということになります。

まるで、人間が一人として全く同じ人間が他にいない様なものです。

よって、鑑定書のことを別名「ダイヤモンドの履歴書」とも言うのだそうです。また、鑑別書は、別名「宝石の身分証明書」とも言うそうです。

ちなみに、現在、日本で一番信用度が高く有名なのが中央宝石研究所だといわれています。また、世界で最も信頼されている宝石の鑑定機関として、イギリス宝石学協会(イギリスのF.G.A.)と、アメリカ宝石学研究所(アメリカのG.I.A.)なのだそうです。

以上、ハリーウィンストンについての関連情報として、ハリーウィンストンとダイヤモンドなど宝石の品質の評価について調べて記事を書かせていただきました。

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリー ウインストンのダイヤと宝石の基礎知識について

ハリーウィンストンに関する情報をこのサイトでは記事にさせていただいてます。今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の基礎知識について記事を書いています。お役にたてると嬉しいです。

宝石には色々な種類がありますが、その性格も硬い石や柔らかい石と様々あります。宝石を選ぶ上で重要なのは、「この宝石が綺麗だからこれにする」というだけで選ぶのではなく、その宝石のの特徴をよく理解して、基礎的な知識を知ることも大切だと思います。

大きくわけて、「財産性、お守り、装飾品、観賞用」の4つの価値基準が宝石にはあるのだそうです。この4つの価値が重複するような宝石を手に入れることができれば、あなたにとって宝石が身近な存在となり興味のあるものとなっていくと思います。

ハリーウィンストンが取り扱うことで有名なダイヤモンドは、専門の鑑定機関で検査が行われ、ダイヤモンドの品質を決定されています。ダイヤモンドの品質の良し悪しを見分けるため、ダイヤモンドの品質表示を理解でき、ダイヤモンドの基礎知識を知ることが必要になってきます。

ダイヤモンドは資産としての価値があり、子孫へ残すための資産としても大変適しています。しかし、資産としてダイヤモンドを残す場合は、一定水準以上のダイヤモンド以外は、財産的価値はあまり期待できないので注意が必要です。

遠い昔から、ダイヤモンドは身につけている人を守護するパワー持っていると信じられていて、自分を守ってくれるお守りとして、現代まで語り継がれていて、ダイヤモンドのお守りとしての価値が存在しています。


ダイヤモンドの装飾品としての価値もあり、人類によってダイヤモンドが発見されてから現代までずっと、世界中の女性の個性を輝かせる装飾品となっています。

ダイヤモンドには観賞的価値もあり、自分で身につけて飾ろうとはせずに、ダイヤモンドの世界中のコレクターと呼ばれる人々が、観賞目的で集めています。

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリー ウインストンと宝石の王様ダイヤモンド

ハリーウィンストンに関する情報をこのサイトでは記事にさせていただいてます。今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の名前について記事を書いています。お役にたてると嬉しいです。

ハリーウィンストンが扱うことで有名なダイヤモンドの名前の由来は、征服されざるもの、不屈を意味するギリシャ語のadamas(アダマス)からきているんだそうです。
ファンタジー作品などによく登場する架空の超硬鉱物で「アダマンタイト」「アダマント」も同じ語源だそうです。

ダイヤモンドは日本名では金剛石と呼ばれていて、金剛不壊(こんごうふえ)の石という意味からきています。「金剛不壊」の意味は「金(金属)のように硬く、壊れにくい」という意味で、仏経典にある言葉だそうです。

ダイヤモンドは宝石の中では、最も硬い宝石として一般に知名度が高いですが、劈開性(へきかいせい)という特性を持っていて、一定方向からの衝撃に弱いのだそうで、意外ともろいものなんですって。ダイヤモンドはモース硬度10で、1つ下のランクのモース硬度9であるサファイアやルビー(コランダム)などとは比べ物にならないほど硬いのに意外に壊れやすいものなんですね。ダイヤモンドは等軸晶系の結晶を形成していて、比重は3.51、成分のほぼ全てが炭素からなる元素鉱物なのだそうです、。

ダイヤモンドは、他の宝石と異っていて、4Cという基準でそのダイヤモンドの品質が厳しく分けられています。4Cとは、色(Color カラー) ・透明度(Clarity クラリティ) ・重さ(Carat カラット) ・カット(Cut カット) の4つです。

ダイヤモンドは無色透明の宝石だと思われる方が多いと思いますが、様々な色のものがあるんだそうですよ♪ピンクダイヤモンドというのは私も聞いたことがあったのですが、そのほかにも、カラーダイヤ言われ、ブルーダイヤモンド、レッドダイヤモンド、グリーンダイヤモンド、パープルダイヤモンド、ブラウンダイヤモンド、イエローダイヤモンド、など様々な色あいがあるんだそうですよ♪

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリーウィンストンダイヤなど宝石の伝説

このサイトではハリーウィンストンに関する情報を記事にさせていただいてます。今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の伝説について記事を書いています。お役にたてると嬉しいです。

宝石には様々な伝説があります。その中でもハリーウィンストンが取り扱うダイヤは、モノが違うということで有名なダイアモンドの宝石にも、「リージェントダイア」という伝説があります。

この「リージェントダイア」フランスの運命を変えたと言われていて、約410カラットのダイヤモンドの原石が、インドの鉱山で発見されたところから、このダイヤモンド伝説が始まります。

あるとき、この鉱山でつかわれていた一人の奴隷が、このダイヤの原石を自分の脹脛の中に埋め込んで、鉱山から脱走したそうです。奴隷はダイヤモンドの売ったお金のうちの半分を渡すとイギリスの船長に約束し、船長を抱き込んで脱出を図ろうとしたのですが、船長に裏切られ、殺されてしまいます。奴隷を殺してダイヤを手に入れたイギリス人船長は、このダイアモンドを宝石商に売却します。その後、突然、発狂して自殺、謎の死をとげてしまいます。

このダイアモンドの評判を、フランスの宝石収集家でルイ15世のリージェント(摂政)であるオルレアン公が1717年、購入しました。この時から、このダイアモンドは、「リージェントダイアモンド」(The REGENT)と名づけられて呼ばれるようになりました。

その後、フランス革命が起こって、「リージェントダイアモンド」を手に入れ持ち主となったルイ家は滅びてしまいました。その後、「リージェントダイアモンド」は国有財産となってしまい、ナポレオンの戴冠式を飾りましたが、そのナポレオンは失脚し、流刑罪となってしまいました。

そして「リージェントダイアモンド」はナポレオンの妻がオーストリアに持ち去りました、その後フランスに返却されます。ナポレオン3世が王位を追われた時も、「リージェントダイアモンド」はフランスに残されていました。

それから時が過ぎ、「リージェントダイアモンド」は現在では、ルーブル美術館に収蔵されています。何億年もの期間地中に埋もれて、土中の暗闇の中で培われた不思議なパワーが、原始的とも言えるほどのすさまじい凶暴性を秘めて、世に出ると様々な伝説を生み出すのでしょうか?

今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の伝説をご紹介しました。お役にたてると嬉しいです。

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリーウィンストンダイヤなど宝石の名前について

このサイトではハリーウィンストンに関する情報を記事にさせていただいてます。今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の名前について記事を書いています。お役にたてると嬉しいです。

宝石の名前は、鉱物学的には内部組織と化学組成が同じものなら、同一の鉱物種として扱うのだそうです。例えば、酸化アルミニウムを主成分とする鉱物は、その石が何色であってもコランダムという鉱物名で呼ばれます。鉱物名はコランダムでも、宝石として扱う場合には、宝石の名前で赤い色の石をルビー、その他の石はサファイアと呼ぶのだそうです。

また、ベリルという鉱物でも同様に、緑色のものを宝石名ではエメラルド、青いものは宝石名ではアクアマリンと呼ぶのだそうです。
宝石の名前の由来でラテン語やギリシャ語にからきたものは、古来から今日知られている宝石の名前がが多いと言われています。

ルビーは赤を意味する「ルベウス(rubeus)」から、同じコランダムのサファイアは青を意味する「サフィルス(sapphirus)」から、またブラッドストーンなどはその名の通り、緑色の地色の中に赤色斑が点在することからきているのだそうです。

今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石の名前について調べましたのでご紹介しました。お役にたてると嬉しいです。

ハリー ウインストンその他>宝石のうんちく

ハリーウィンストンのダイヤなど宝石言葉について

このサイトではハリーウィンストンに関する情報を記事にさせていただいてます。今回はハリーウィンストンについての関連情報として、宝石言葉について記事を書いています。お役にたてると嬉しいです。

花言葉というものがありますが、同じように宝石にも宝石一つ一つにというものがあります。もちろんハリーウィンストンが扱っているダイヤモンドにも、宝石言葉があります。ダイヤモンドの宝石言葉は、ギリシャ語で「不屈なもの 清浄無垢 (強い意志力と信念を与える )」という意味があるのだそうです。

宝石を選ぶ際に、宝石言葉をお守りとして考える方もいらっしゃるようです。宝石言葉の中で、誕生石についての宝石言葉を調べてまとめてみたのでご参考になさってくださいね。

1月の誕生石「ガーネット」
ラテン語の「ざくろの実」の意味。真節、友愛、忠実、貞操、勝利などの意味があるそうです。その他の意味は、この宝石の持ち主への変わらない愛情を表す。旅先の病気を防いでくれる。など

2月の誕生石「アメジスト」
ギリシャ語の「酒から守る」の意味。誠実、高貴、心の平和などの意味があるそうです。その他の意味は信仰心の象徴。など

3月の誕生石「アクアマリン」
ラテン語の「海の水」の意味。聡明、沈着、勇敢などの意味があるそうです。その他の意味は海難を防ぐお守り。など

4月の誕生石「ダイヤモンド
ギリシャ語の「不屈なもの」の意味。清浄無垢などの意味があるそうです。その他の意味は強い意志力と信念を与える。など

5月の誕生石「エメラルド」
ラテン語の「smaragdus」エメラルドの意。夫婦愛、幸福、誠実さなどの意味があるそうです。その他の意味は生き生きとしたパワーを与えてくれる。など

6月の誕生石「パール」
ラテン語の「ernula」の意。健康、純真無垢、長寿、富さなどの意味があるそうです。別名「海の宝石」ともいわれています。

7月の誕生石「ルビー 」
ラテン語で赤(ruber)の意。 情熱、勇気、自由、仁愛、威厳などの意味があるそうです。この宝石を持つ人は、情熱的になると言われているそうです。

8月の誕生石「ペリドット」
フランス語の「peridot」。夫婦の幸福、友愛などの意味があるそうです。その他の意味は暗闇を追い払うなど


9月の誕生石「サファイア」
ギリシア語で青(サフェイロス)の意。誠実、賢明、真理、慈愛、徳望などの意味があるそうです。その他の意味は旅行の安全を守る・魔除けの石など。

10月の誕生石「オパール」
サンスクリット語で貴重な石(ウパラ)の意。希望、幸福、心中の勧善、安楽などの意味があるそうです。その他の意味は悲しみを消して苦しみから解放し、希望を叶えてくれるなど。

11月の誕生石「トパーズ」
ギリシャ語で推測するの意。友情、希望、潔白、などの意味があるそうです。その他の意味は美と健康のお守りなど。

12月の誕生石「トルコ石」
フランス語でトルコの石。成功などの意味があるそうです。その他の意味は旅の安全を守る護符、身代わりになってくれるなど。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。